こそだテック〜プロマネ的子育て Kosodatech ,Project Manger raising up children

I am working mom & project manager raising up two kids, writing about project management skill, technology, and technology hack.

海外で働きたい、という夢

ここ数ヶ月で成し遂げたい、大きな目標があります。

 

人生の夢といっても過言ではない、、、

 

それは、

 

海外で働く、というもの。

 

https://www.japan-sake-mileage.net/wp-content/uploads/2016/11/20161130135107.jpg

 

これは、遡れば高校生くらいで朧気に思っていたものの、

二十歳になるまでパスポートすら持ったことのなかった

ドメドメで生きてきた私が、英語を使って仕事をするようになった原点とも言える夢。

 

外国で英語を使って仕事をしてみたい

 

というちょっと現実離れしたキラキラした夢でした。

 

 

その後、大学で英語を学び、就職し運よく英語を使って仕事ができるようになり、

ついに外資系に転職。

 

外国人の上司に外国人の同僚、毎日英語の日々。

最初は社内メールが英語だったことにびっくり、日本人同士でも英語でメールなのね!とびっくり。普通に英語が飛び交う環境にただびっくりしっぱなしでした。

 

そんな状態から、はや10年以上がたち、気がつけば自他ともに認める外資の人になってました。

 

外資に入り、毎日まるで海外にいるかのようなくらい英語漬けの日々、外国で働かなくても英語できるし、これはこれでよくない?と思うようになりました。

 

外資系の会社だと海外勤務の話は毎年出てくるのですが、そのときにはすでに結婚していて、「結婚したら、そんな家族に迷惑をかけることはしてはいけない、考えてもいけない」という気がし、頭からお断りしてきました。

 

外資系で私が海外勤務となると、配偶者や家族もついてくるか、あるいは自分だけ行くかのどちらかです。

 

そしてさらに、子どもが2人生まれ、

「子連れで自分が海外勤務ってありえない」というふうに考えて数年過ごしてきましたが、

 

ここ最近、親しい友人が結婚後に単身で海外勤務をしたのを目の当たりにし、

そっか、こういう生き方もありなんだ!

 

目から鱗の思いがして、ふと自分のことを思い返しました。

 

家族もいるけど、誰が私が海外で働くのはダメって決めたんだ?

 

と自分に問うと、それは、、

 

誰でもない自分自身でした。

 

私が自分に対し、

 

「だめに決まってる、良い妻というのはそういうことをしない、家庭に荒波立てないものだ」

 

と、自分に枠をはめていたのでした。

 

でも色んなことが巡り巡って、今、、

 

 

子どもは上の子5才、下の子2才で、上の子が来年小学校なんで、

古風な考え方の人にはとやかく言われるかもしれないけど、

 

このタイミングが一番海外行くのにいい時期なんじゃないかと思うようになり、

海外で働いてみたいという思いが大きくなってきました。

 

また昔のように過剰にキラキラしたものではなく、実はあまり日本で働くのと差がないのかもしれないし、青い鳥はいない、

 

という現実も理解した上で、それでも海外で働いてみたいという思いに至りました。

 

そして、運良く、夫の了承も得られました。

 

夫は、海外赴任にはついてこれないので、私が子連れで単身赴任(プラス母にもついてきてもらう予定)、夫が日本と海外を往復の予定。

 

よくOKしてくれたものだ。。。

 

まだ赴任先も何も決まってないのですが、夫の負担を考え、香港かシンガポールが候補で社内公募制度を使って、社内の別拠点に異動しようと考えてます。

 

上司の上司など、上の人まで意思を伝えました。

皆応援してくれてます。

 

これからどうなるかわからないけど、旅の始まりみたいで、不安と期待が入り乱れた気持ちになっています。

 

これから数ヶ月ですごく大きな変化があるのだろうと、今から楽しみです。

 

理解を示してくれた夫に感謝感謝。

いつもぶっ飛んだ妻ですが、これからは人の目を気にせず、我が道を貫こうと思います。

 

これから、どんなことが起きるのかしら。。。

 

最悪何も決まらないかもしれませんが、その時はその時。

 

今後の自分に期待してます。

 

フェイスブックなどもやってますが、あまりに自分の深いところの話のため、まずは非公表でやってるブログで公表してみます!