時間の使い方を変えてみる(by 小泉進次郎さん)

先日、 感銘を受けた小泉進次郎さんの記事です。

 

別に小泉さんファンではないのですが、、書かれている事が自分にも当てはまり、自分も考えてみようと思いました。

 

gendai.ismedia.jp

 

何に時間を使い、何に時間を使わないか。よく言われるものの、行為が変わる人は少ないですよね。

実はね、新聞10紙を読むの、止めたんですよ。時間の使い方」を変えようと思って。新聞を読み終わった時、あまりにも残るものが少ないと気づきましたね。だったら、塩野七生さんの本を読んだ方が、時間の使い方としてよっぽど学びがある。

なんのために時間を使うべきか。使わないべきか。本当に考えている。なにをやるべきか。なにをやらざるべきか。1時間があったら、何をできるんだろうといつも考えています。そうすると、自分の行動原理が変わります。

1時間があったら習近平プーチンは何をやるんだろうな、アレクサンダーだったら1時間あったら何をやったんだろうか、ペリクレスだったら何を考えていたんだろうな……というふうに。バカみたいでしょ、「何、言ってんだ。この人」と思うでしょ(笑)。でも、本当にそんなことを考えるんですよ。

今ここで脱皮する努力をしないと行き詰まるぞ、という思いがあるので、自分の身の処し方、時間の使い方を意識して変化をつけていく。イチロー選手は毎年バッティングフォームを変えるんですよ。ヒットを200本も打っていたって、調子の良い時に変える。それは、その時に変えないと、次の年は同じように200本が打てないから。自分にとっては「今がその時だ!」と思っています。

 

以前このブログでも書きましたが、マスコミの寵児ともいえる小泉さんが、新聞を読むのをやめる!というその決断の潔さ。見習いたいです。

私も、日々自分の時間の使い方を変えていかなくては・・・

 

kay-familyhack.hatenablog.com